やっと厳島神社へ行ってきた。

週末に一泊旅行として女房を伴って。女房は昔仕事絡みで行ったことがあるとのことだが、私は、未参拝。

6月終わりの雨の狭間となったが、とりあえず、雨は回避し、フェリーで近づく頃は次第に干潮へ向かう。

鳥居は、ちょうど修繕のための調査用足場が設置されたところだが、基部のみだったのでまだよかった。

フェリー到着の観光案内所でガイドがあるとのことなので500円で参加。やはり、話を聞きながら見るのと、単に見て歩くのは全然違うので、最近は極力ガイドツアーに参加するようにしている。

すでに、ほぼ完全に干上がった厳島神社を1時間半ほど説明付きで歩き、最後に先にある清盛神社で解散。

やはり、知らないことだらけだった。

手を合わせ、気を感じながら過ごした時間だった。

その後、穴子飯と宮島ビールをいただき、弥山へ。一日、神の島で過ごした。

 

(フェリー上から。水が引きつつあった)

 

(完全に干上がった境内)

(歩いて鳥居まで)

(穴子飯。思ったより柔らかくうまかった)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です