新しいMac miniがやってきた

新しいMacminiへのリンク
2014年版のMac miniでMacデビューして以来、Apple信者化しつつある。
ちなみに、個人iphoneも、XSに機種変更中で、ipad pro 10.5インチにApple Pencil利用だし、加えて会社用はiphone6plusとAppleだらけ。

今回、初めて、ビックカメラ有楽町店の中にあるAppleショップで、できないと思っていたカスタマイズ注文ができることがわかり、ポイントもつくと言われ、決断したのでした。
ただし、いつ入るかわからないと言われていたので、2週間くらいかなあと思っていたら、ほぼ一ヶ月。(注文は2月3日)

よく考えると、店員のにいちゃんと、メモリを16Gにしたいと言ったら、8Gで十分だと言われながら、あれやこれやカスタマイズの画面から金額を見ながら試していたので、最終の決定した仕様が曖昧だった。通常、注文仕様や金額の入ったものが出てくると思うが、もらっていたのは、通常のレシートだけだった。

記憶では、3.0GHz6コア INTELCorei5 + メモリ 8GB + 1TB SSD だったのだが、2日間かけてファイル移行が進んだ途中で、ストレージが不足との表示が出てきた。
え?と調べてみると、SSDの容量が、512Gしかない。
間違えたなと、止むを得ず、問い合わせをしようと思ったが、念の為、他の仕様も確認してみた。すると、なんと、
3.2GHz6コア INTELCorei7 + メモリ 16GB + 512G SSD 、ストレージ以外、アップグレード状態。
念の為、この仕様の金額を確認すると、全く一緒になった。

うーん。さっきから悩んでいた。
今更、初めからファイル移行、各種設定をすることを考えると、ストレージは将来もう少しSSDが安くなれば、外付けで追加すればいいし、特に、メモリは16Gにしなかったことを後悔しつつあったので、受け入れることにしようかと。金額と型番が注文と違うと証明する書類もないことだし、結果オーライでどうだろう。

多分、このままかな。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です