114.伝説のキャプテン

【主な登場人物】
ジン(北野):主人公 サラリーマンの傍ら経営コンサルタントをしている
黒沢:居酒屋みやびの大将 酒と和食へのこだわりが強み
由美:居酒屋みやびの元 看板娘 黒沢の姪
雄二(鳶野):ジンの幼なじみ ジンの応援で起業を目指している
大森:みやびの常連 地元商店街の役員
近藤:みやびの常連 建設会社顧問
亜海:居酒屋みやびの新しいアルバイト

「へい、いらっしゃい。毎度」

 今日は宴会が入っているようで賑やかな声が小上がりから漏れている。

「繁盛してますねえ、大将」

「ありがたいことです。最近は、ネットで調べて予約をしてくる客が増えて予想がつかなくなってきているんですがね」

「そうですねえ。うちの会社でも宴会のたびに違う店になるんですが、ネットで調べて予約するので当たり外れが多いんですよ。幹事も初めてなので、融通が利かず苦労するんですが、それでも毎回調べるのが不思議ですね」

「そういや、前に、由美っペがグルメ検索の上位に出るようにするにはどうするとか、こうするとか言ってましたがね。飲み放題のセットをつくらなきゃいけないと言われ断念させました」

「ここの店は大将のミッションがはっきりしてますから、当然でしょうね」

「ジンさんにそう言ってもらえると安心します。空豆がそろそろ仕舞いですのでいかがですか」

 生ビールに空豆をつまみながら、猛暑にほてった身体と心を落ち着かせていた。
 そのとき、小上がりからトイレに出てきたらしい人が、ジッとこちらを見ているのに気づき視線を合わせた。

「もしかしたら、北野じゃないか」

 驚いた。

「原島先輩じゃないですか。お久しぶりです」

 高校のラグビー部の先輩だった。10歳年上で、現役時代の合宿などにコーチとして顔を見せてくれていた。
 
「こんなところで会えるなんてな。よく来るのか?」

「ええ、常連みたいなものです。原島先輩もよく来るんですか?」

「いや、初めてなんだ。若いのがセットしてくれたんだ。俺の送別会なんだがな」

「そうだったんですか。送別会って、転勤ですか?」

「うん、まあな。関係会社に出ることになったんだが、事務所はここにも近いんだ」

 しばらく会っていなかったが、昔のパワーあふれる雰囲気が感じられないのが気になってしまった。

「それじゃあ、落ち着いたらここで落ち合いませんか。自分は、週に一回はここに座ってますので」

 会社の名刺を交換した。

「おお、そうだな。そういえば、お前と同期の木村とはよく会うんだが、お前のことを経営コンサルタントをしてるって言ってたぞ。名刺はそのまま有鉄物産みたいだな」

「そういえば、一度、木村に頼まれて後輩の会社の再建を手伝ったことがあるんですよ。ボランティアですが、中小企業診断士の資格を取ってから、コンサルの知り合いも増えたので時々手伝っているんです」

 原島さんが、何かを言いかけたとき、小上がりから声がかけられた。
 
「本部長。ご挨拶の時間ですが」

「おおー、今行く」と答えて、「またあとで」と席に戻っていった。

「ジンさん、お知り合いですか」

「高校のラグビー部の大先輩なんです。伝説のキャプテンと呼ばれた人で、うちの高校が初めて花園へ行ったときのキャプテンなんです。あの人の代から、地域大会120連勝の大記録を作ったのが今でも不倒記録です。ただ、チームも今では古豪と言われるだけで鳴かず飛ばずなんですがね」

「へえー、奇遇ですね」

「本当に」

 原島先輩からもらった名刺を再度眺めた。現在の名刺なんだろう。総務・経理本部長となっている。大手企業だから、40代で本部長というのは出世頭かもしれない。さすが、と思ったが、さっきの迷いを感じる会話が気になっていた。
 
 先輩が挨拶に戻って20分くらいしたろうか、送別会も終わったようでガヤガヤと小上がりを出てきた。
 
一度、軽く手を挙げてみんなと一緒に外へ出たが、程なくして先輩だけ戻ってきた。

「これから若いのにつきあって2次会へ行くんだが、近いうちに相談があるんだ、北野。まったく偶然だけど、木村からお前がコンプライアンス問題では有名だと聞いていたんだ。それと、俺が今度行く関連会社では、社長になる予定なんだ。ここで会ったのが偶然に思えない」

 せっぱ詰まったような先輩の顔に、何か大きな問題があることは間違いないようだ。「できることなら何でも」と答えると、ホッとしたような顔で出て行った。
 
 原島先輩からメールで連絡があったのは、次の日の朝だった。いつでもいいからすぐに会いたいという。やはり、尋常ではないようだ。
 
 すぐに、今夜会うことにした。話の予想から、みやびではなく、バー「Y」を指定した。
 
 事前情報を得るべく、同期の木村に電話してみた。
 
 木村曰く、原島先輩は、少し前まで営業のトップだったらしいが、何かの内部事情で急遽総務・経理という畑違いの部署に異動したらしい。そして、その直後、内部告発から不正経理のような事件に巻き込まれたという想像混じりの話を聞かされた。
 
 電話を切ってしばらく、2年前に起こった我が社の談合事件を思い出していた。犠牲者という言葉が頭をよぎった。
 
(続く)

 私が夏休みということもあり、新たな登場人物を出しました。

 そのため、具体的な経営知識を織り込むことが出来ませんでしたね。
 
 私の頭の中では、筋書きの展開は出来ているのですが、そこへ至るまで若干ご辛抱を。